2021欧洲杯足球比分_线上体育投注~

图片

不動産学部不動産学科

土地や建物は豊かな暮らしや活力あるビジネスを実現するための舞台です。不動産学は住宅やマンション、ショップやオフィス、ホテルやリゾートなど、私たちのあらゆる生活環境を総合的に考えます。これからの住まいや街は、経済学、法学や工学といった今まで個別に研究されてきた学問だけでは実現できません。不動産学として総合的に学ぶことで、実社会で役立つ知識とスキルが身につきます。欧米諸国で盛んな不動産学を日本で学べる唯一の大学が明海大学です。

不動産学科の特色

1 目的に応じた3コースを設置

不動産の制度や取引、経営について学ぶビジネスコース、不動産の開発や投資に必要な金融?鑑定を学ぶファイナンスコース、建築デザインやまちづくり、管理を学ぶデザインコースがあります。

2 4年間一貫少人数必修ゼミ

1年次:不動産学基礎演習、2年次:不動産取引演習、3年次:不動産学研究、4年次:不動産学卒業演習と4年間一貫のゼミによる少人数指導で、学生一人ひとりの成長を強力にバックアップします。

3 特長ある進級要件

2年次、3年次への進級要件として宅地建物取引士の資格取得を定めています。そのため、1年次に取得できるようカリキュラムを編成し、試験合格をめざす科目や模擬試験などを充実させています。

※進級判定には学内試験を併用します。

4 不動産、建設業界のほか幅広い業種への就職

融資を行う金融機関、工場や倉庫などを保有するメーカー、多くの営業所をもつ小売業や外食産業、都市計画を推進する地方公務員など、多様な業界で不動産の知識が必要とされており、卒業後の進路は多岐にわたります。

3つのコース

ビジネスコース

不動産のプロジェクトとビジネスの経営を学ぶ

不動産の制度や事業、ビジネスの仕組みや組み立てを学び、プロジェクト経営や企業経営の知識を修得します。宅地建物取引士プラス1~ 2の資格取得をめざします。

ファイナンスコース

不動産の金融と鑑定を学んで投資分析力を修得

多額の資金が必要な不動産の開発や購入を公正で効果的に行う金融、鑑定、投資の知識を修得します。宅地建物取引士を早期に取得し、不動産鑑定士をめざします。

デザインコース

価値を生むまちと建築のデザインや管理を学ぶ

いつまでも土地や建物の価値を保ち続けるまちづくりや建築デザインを学び、完成後の管理の知識を修得します。建築士資格をめざすことも可能です。

カリキュラム

ピックアップ科目

不動産管理演習

フィールドワークを取り入れてマンション運営のすべてを多面的に理解する

 

マンションの管理を適正に行うための維持管理、資産価値向上、再生や長寿命化などの方策について総合的に演習します。各種設備のしくみ、劣化診断の仕方を学び、コスト管理から長期修繕計画まで考えます。また、フィールドワークを取り入れ実在する高経年マンションを対象とした再生計画を立案します。

教員メッセージ

宅地建物取引士資格を取得し、時代に即した専門知識を学ぶ。
 
原野 啓 准教授

不動産は生活に欠かせない必需品であり、専門知識を学ぶことは、不動産業以外にも、建築デザインや商業施設のマネジメントなど多くの職業に活かすことができます。その基礎となる資格が宅地建物取引士です。本学部では、宅地建物取引士の取得をめざす専門科目が多く編成されており、充実したカリキュラムとなっています。また、不動産学部生専用の自習室を完備し、資格取得をバックアップしています。人口減少により中古住宅が重視されるなど、時代への順応性も不動産学の特長であり、山形県上山市と提携し、学生が地域行政に参画する演習型授業など、地域の活性化をリアルに考える取り組みも行っています。このほか不動産学が盛んなイギリス、韓国への留学制度や、地場の不動産業をはじめ多岐にわたる関連企業へのインターンシップを通じ、社会での即戦力となりうる人材育成をめざしています。

在学生インタビュー

住まいや土地、ビジネスを総合的に学び、実社会で役立つスキルを身につける。

 

不動産学部は日本で唯一の学部で、ここでしか学べない横断的な学問やカリキュラムが用意されています。入学すると1年次から早速、宅地建物取引士の資格取得をめざして学びます。資格取得については授業をはじめ、対策講座などで全面的にバックアップしてくださいますし、周囲の仲間たちと同じ目標をめざしてがんばれるのでとても励みになります。この学部の魅力は、経験豊富な専門家の先生方が多数在籍し、実務経験の話などをたくさん聞けることです。現在、私はファイナンスコースで不動産金融に関する内容を勉強していますが、大学での学びを社会で役立てられるよう、一層学修に励みたいと思います。

 

熊野 由都さん

不動産学部 不動産学科3年(松戸市立松戸高等学校 出身)

資格

宅地建物取引士

不動産関連企業への就職時に有利になるだけでなく、不動産を扱う建設会社や銀行などの金融機関で働く場合にも活かせる資格として人気です。宅建士は、土地や建物の売買などの際に必要となる国家資格で、合格率は毎年全受験者の16.0%前後です(2019年度は17.0%)。不動産学部では、1年次、遅くとも2年次までに宅建士の資格試験に合格することをめざし「不動産取引演習」などの必修授業や模擬試験などを実施し、夏には宅建夏季セミナーを行います。大学に併設されたオープンカレッジの宅建講座も受講でき、資格取得のサポートは万全です。

留学

日英の建築物比較を英語でプレゼンテーション。

 

ケンブリッジ大学では、ヨーロッパの不動産学などの講義を英語で受けましたが、通訳の方がいるため理解しやすかったです。メイン課題は、日本とイギリスの「サイエンスパーク」を比較し、英語で発表するというもの。渡英前に「かながわサイエンスパーク」を、イギリスでも現地のサイエンスパークを見学。仲間4人で4日ほどかけてレポートを作成し、無事プレゼンテーションを終えることができました。宮殿や住宅、店舗など、ロンドンのさまざまな建築も見学でき、充実した海外研修でした。

 

松永 透さん

留学先:ケンブリッジ大学(イギリス)

不動産学部 不動産学科2021年3月卒業(東京都立足立新田高等学校 出身)

主な海外研修先(2019年度実績)

※スマホで横スクロール表示になります。

研修先 期間 人数

費用概算( )内は自己負担額概算

ケンブリッジ大学

(イギリス)

10日間 4人

53万円(全額大学負担)

10人 53万円(36万円)

建国大学校ほか

(韓国)

7日間 5人

18万円(全額大学負担)

※費用概算の( )内は自己負担額概算。

※自己負担額概算は明海大学浦安キャンパス派遣留学生奨学金などを除いた概算金額となります。

※費用は上記概算金額のほかに、本学への学納金及び現地での生活費が必要となります。また、研修先の授業料や航空運賃、為替相場などによって変動します。

就職

不動産鑑定士の資格を取得し、業界最大手に就職!
 
就職先:一般財団法人 日本不動産研究所

入学後に土地や建物などの不動産を鑑定する不動産鑑定士の仕事に興味をもつようになり、3年次で不動産鑑定士国家試験にチャレンジ。難関資格に無事合格することができ、業界最大手の日本不動産研究所から内定を得ることができました。ここは全国46都道府県に支所?支店があり、地方志向の私にマッチしていました。大学の学びで印象に残っているのは、1年次に参加したインターンシップです。不動産担保ローンを行う会社で不動産管理の実態を体験できて良かったです。不動産鑑定士は、建築の知識も必要となるため、現在は建築士資格の勉強をしています。キャリア豊富な人が多い業界ですが、早く戦力として活躍できるようにがんばります。そして、将来は地方の鑑定評価を支える存在になりたいですね。

 

蓜島 三弥さん

不動産学部 不動産学科2021年3月卒業(千葉県立野田中央高等学校 出身)

[主な就職先(過年度実績5か年)]

アーネストワン/飯田産業/伊藤忠アーバンコミュニティ/茨城セキスイハイム/エイブル/オープンハウス/カチタス/木下工務店/共立測量登記事務所/共立メンテナンス/グランディハウス/ケイアイスター不動産/ジェイアール東海不動産/新昭和/新日本建設/スウェーデンハウス/スターツコーポレーション/住友不動産販売/住友林業ホームサービス/積水ハウス/積水ハウス不動産東京/大京穴吹不動産/大東建託/大和地所レジデンス/大和ハウス工業/タカラレーベン/タクトホーム/タマホーム/千葉興業銀行/東栄住宅/東急リバブル/東京建物不動産販売/土地情報センター/野村不動産アーバンネット/野村不動産パートナーズ/ハウスコム/ハウスドゥ/ハウスメイトグループ/福屋ホールディングス/北都銀行/ポラス/みずほ不動産販売/三井住友トラスト不動産/三井不動産リアルティ/三菱地所ハウスネット/三菱UFJ不動産販売/三菱UFJモルガン?スタンレー証券/ミニミニ/明和地所/夢真ホールディングス

教員リスト

■教授

小川清一郎(民法)/ 斎藤千尋(都市空間設計)/ 中城康彦(不動産経営計画、不動産鑑定評価)/ 中村喜久夫(不動産取引関係法)/ 浜島裕美(民法、環境法)/ 表 明榮(GIS、基盤施設計画)/ 山本 卓(財務会計)

 

■准教授

兼重賢太郎(法社会学、都市計画法)/ 金 東煥(不動産経済学)/ 小杉 学(集合住宅管理、都市計画)/小松広明(不動産ファイナンス)/ 原野 啓(都市経済学)/ 藤木亮介(建築保全、マンション学)/ 前島彩子(建築構法)

 

■講師

劉 一辰(都市計画、建築史)

 

■特任准教授

竹迫守夫(不動産取引関係法)/ 塚原光顕(建築設計)

 

[共通科目(人間力形成教育)担当教員]

■教授

杉浦雄策(運動生理学)

講義概要

講義概要はこちらからご覧ください。